ホームページを作る時に、当然のように画像を使うと思います。

世の中には、商用可能な無料画像が無数に転がっています。

その無料画像は、プロが撮影したものばかりでとてもキレイに仕上がっています。

アナタのホームページに挿入すると一気に見栄えが良くなるでしょう。

しかし、無料画像にはデメリットもあるのです。

 

今回の記事では、ホームページには無料画像ではなくてオリジナル画像を使ったほうが良いですよという事を書きます。

 

個人事業主向け月額0円のホームページ制作とコンサルタント

ホームページで無料画像を使うデメリット

冒頭でも触れましたが、ホームページには綺麗な無料画像を使うことで、デザイン的にはとても引き締まってカッコよくなります。

しかし、アナタが和菓子店を営んでいてホームページを持っているとしましょう。

おいしい和菓子をスマートな外国人モデルがスタイリッシュにポーズを取りながら食べていたら、お客様はどう思うでしょうか?

お菓子を食べている女性

 

お客様は自分にとっての未来、すなわちこの商品を買ったらどんな良いことがあるんだろう?と想像しながら検討しています。

そこに、自分とかけ離れた外国人が非現実的な感じで映っていたらどう思いますか?

もしかしたら、その商品を買った後のことを想像しにくくなるかもしれません。

ここで何が言いたいかと言いますと、無料とはいえデザインが良すぎる画像を使ってしまうとアナタの商品とのギャップが生まれてしまうんです。

では、どんな画像が良いのでしょうか? 次の章で説明いたします。

 

ホームページではオリジナル画像を使おう

ホームページで使う画像は、極力オリジナルの画像(写真)が良いです。

多少下手でも構いません。オリジナルにこだわるべきです。

最近の写真加工技術はツールともに進化しています。

インスタなんて最たるものです。素人がパシャパシャ撮った写真にフィルターをかければ、ただのホットケーキもオシャンティーなパンケーキに変貌します。

オリジナル画像はいくらでも加工ができます。そしてオリジナル画像には嘘はありません、リアルと直結しています。

ホームページには、お客様が描く未来に近い状態のオリジナル画像を使うべきだと思います。

 

オリジナル画像を用意できない場合は?

そうとは言え、いいカメラも無いしそもそも撮ってくれる人がいない…。

そんなお悩みをお持ちの方もいらっしゃると思います。

ホームページ制作会社である私共ウェブ工場Zは、写真撮影にお伺いすることもできます。

オプション料金にはなりますが、全国のウェブ工場Zのメンバーシップカメラマンが実際にアナタの元に行って写真を撮らせていただきます。

なにも緊張することはありません。いつも通りお仕事をしていてください。

普段の働くアナタと普段のお店を限りなく自然に撮らせていただきます。

そのオリジナル画像を使うことで、ホームページを見たお客様には親近感が生まれアナタの店に行ってみたいと思うことでしょう。

オリジナル画像でお困りの場合は、ウェブ工場Zへご相談くださいませ。

 

ホームページ制作会社の

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう